ASSOインターナショナルさんから[タイヤ内空気圧・温度監視システム]TPcheckerが新発売されました。
特に、扁平率の低いタイヤ(18・19・20・21・22インチ)を装着して見える方などは、ちょつとしたエアーのダウンでタイヤのサイドがぺチャンとしてしまい、キャッツアイなどを走行中に踏んでしまうとタイヤのサイド部分がタンコブのように膨らんでしまい、タイヤバーストの原因になることが少なくありません。
今回ASSOさんの商品はリアルタイムでタイヤ内空気圧・温度を運転席で確認する事ができます。
BMWでインチアップされて、ランフラットタイヤを外した場合(パンクチャーランプは付いていますが)などにはTPcheckerを取り付けられると、より安心でしょうね。
このTPcheckerには 
スタンダードモデル 47.250円(税込)工賃別
スポーツモデル   66.150円(税込)工賃別
レーシングモデル  OPEN price      工賃別
の3種類があります。
通常走行される方にはシンプルで分かりやすい、スタンダードモデルがお薦めです。
サーキット走行もたまにはします、サーキットで4輪のエアー圧をきっちりチェックしたい、って方にはスポーツモデルがお薦めです。
レース車両をお持ちでレースをされている方には、もちろんレーシングモデルで。
過去にも似たような商品はあったのですがイマイチなところがありました、TPcheckerはとても軽量でホイールバランスなどへの影響も最小限で済みます、メーター誤差もほとんど無くて良いですよ。