New Z4はG29。

年度末、土曜日です。

明日で今年度も終わりで、もう明後日には新年度。

そして新元号が発表されちゃいます。

いやぁ何になるんでしょうか…

私も予想があるんですが…

ここでは控えておきます(^_^;)w

 

 

ここのところニューモデルラッシュなBMWですが、

ある種本命なZ4が登場いたしました!

兄弟車?とも言われる、トヨタ/スープラとどのあたりが違うのか。

非常に興味が湧くところではございますが、

いかんせんスープラを乗る機会がないですので、まずはZ4から。

 

ボディーサイズは全長4335mm×全幅1865mm×全高1305mm。

ホイールベースは2470mm。

先代E89と比べますと全長+85mm、全幅+75mm、全長+15mmアップ。

しかしホイールベースは25mm短くなってます。

確かに、第一印象は『デカいな』と思いました。

ですが、デカくなったのにもワケがありまして…

室内空間は非常に良くなってます(^^)

メーターやナビ周辺、シフト廻りは新型3シリーズなどと

共通する部分が多いですね。

シフト奥にはqi充電器も装備。

その分、先代の時も大きな悩みだったドリンクホルダーは…

アームレスト下…

結局ここに収まるわけですが、これやっぱり使いやすくはない気がします(@_@;)

今回装着されてたシートは非常にカタチがイイ!!

座り心地も悪くなかったんですが…

まぁ最終的には交換対象デスネww

 

幌を閉めてもカッコイイ!

先代E89はバリオルーフでしたが、今回は先々代と同様の幌ルーフです。

バリオルーフは経年劣化と共に段差等できしみ音が出がちですが、

幌は接合部が少ないですので、そのような心配事が少なくなるのも利点です。

そしてなんといっても軽い!

幌の開閉時間はわずか10秒ほど。

走行中も時速50キロまでは開閉が可能ですので、急な雨なんかでも安心です。

幌ルーフになったことで、トランクルームの容量も

かなりアップしたように思います。

そんなトランクはダックテール形状で攻めたなーって感じ。(イイ意味で)

 

試乗車は20iですので、3シリーズなどでもお馴染み

4気筒ターボなB48型です。

速い!!

って印象は流石にありませんが、必要にして充分な感じがしました。

(6気筒ターボを搭載する40iはさらに力強いとは思いますが)

幌を開けた状態でもボディー剛性とシャシー性能はかなり高そうなイメージです。

(先代と比べてねじれ剛性を約30%向上。M4を超える剛性があるとのこと)

なにより、これからの時期はついつい幌を開けて走れるという爽快感と満足感は

オープンカーでしか味わえないですからね!!

E89は目線の視界が低く、あまり見切りが良くなかった印象ですが

G29はあまりその辺りが気になりませんでした。

シートに座り込んだ時も『よっこいしょ』感が薄かったように思います。(イイ意味で)

 

Z4はどのモデルも常に人気車種でしたので、G29もヒットすることでしょう!

また楽しみな車種が増えました!!(^^)/

しかしBMWさん。

今年はラッシュ過ぎて、既に頭がおいつきませーん…

前の記事

スペシャルなCS。

次の記事

M4×KW-ver3。