スペシャルなCS。

長らくお預かりさせていただいていました、

O様のF82/M4CS。

今回のお預かりでゲキテキ変化をしましたので、ご紹介します。

(たぶんご紹介前編デス)

まずはボディーラッピング。

しかもフルラッピングでございます。

オーナー様はデモカーを見て

『この色がイイ!!』

と指名されまして…

お預かり中、

『また社長の車何やってんの?』

と何人ものお客様に質問されたことかww

違います。同じフィルムでラッピングしています。

AVERY社のBrushed Steelってやつです。

艶のないヘアライン仕上げになってます。

貼る方向を間違えると、ヘアラインの向きがチグハグになってしまします。

この辺りは、しっかりプロにお任せ!

今回はオーナー様の強いご希望で、ドアの開けた部分や

ドア内部まで、しっかりラッピングをさせていただきました。

ここまでやると、本当に元々このカラーだったかのような感じですね。

(もちろんその分お値段も上がっちゃいますが…)

いつも思いますが、ラッピングやる方って尊敬しちゃいます。

私だったら100%完成しない自信があります(@_@;)w

 

仕上がりはモチロンバッチリです!!

このなんとも言えない質感が非常にイイんですよねぇ(^^)

 

続きまして、脚廻り。

今回はアラゴスタの車高調にロベルタ社のリフティングシステム(フロントのみ)の組み合わせ。

全長式の車高調整タイプで減衰調整機能付き。

フロントアッパーマウントはピロ付きですので、

キャンバー調整も容易に可能。

サーキットへ持ち込んでも充分に対応出来る脚です。

前後スプリングとも直巻きですので、後々スプリング変更なんかも可能です。

減衰調整は前後ともダイヤルがわかりやすく、調整が容易に出来るところもウレシイところ。

そして、ロベルタ社のリフティングシステムです。

スプリングの上にあるロベルタロゴの部分にエアが入りまして

上下することで、車高を変化させます。

文章で説明するより、写真の方がわかりやすいので…

 

こちらリフティングシステムダウン時。(通常走行時)

地面からリップまで約11センチほど。

 

そして、リフティングシステムアップ時。

地面からリップまで約16センチほど。

約5センチのアップ量をボタンひとつでアップ・ダウン可能なシステムです。

トランクルーム内にエアを充填するコンプレッサーやエアタンクが鎮座します。

モチロン専用設計で無加工。非常にスマートに収まってますよ!

フロントの左右ショックからボディー下を通りまして右リアから室内へエアホースを通していきます。

これがまた大変。

ホースが折れてはいけないですし、各カバーの内側を通っていくんですが

場所によってはカバーとホースが干渉して、カバーが装着出来なかったり…

ルートを間違えるとホース足らなくなったりw

熱が掛かる部分にはコルゲートチューブやバンテージも巻いていきますので

なかなかな時間が掛かるわけですね。

リモコンでも操作は可能ですが、

コチラのユニットでも可能。(というか、このユニットが必要なんですが)

助手席のグローブBOX下に設置したんですが、

先に紹介したトランクルームの大きな物体とこちらのユニットを繋がないといけませんので

室内側も電源確保などの配線処理が入ります。

 

普段は低く乗りたいけど、段差のあるところは気にせず行きたい!!

なんて悩みを解決出来るアイテムです。

アップ・ダウンの動作も非常に素早く出来ますので、

駐車場などでも手間取ることがありません。

 

ということで、長々と書いていたら

ホイールのコトを書く時間がなくなってしまいましたので…

後日こちらもしっかりご紹介させていただきます!

前の記事

アゲちゃうスタイル。

次の記事

New Z4はG29。