音出しちゃいましょう!!

朝、晩はかなり涼しくなって布団の選択も

どうしようか悩みどころでございます。

日中も過ごしやすくて、作業も真夏よりはかどるわけです。

そろそろ日中30℃以下も出てきますね。

 

 

最近のお車の悩みどころ。

『マフラー交換しても音があんま出ない』

はい。

よくご相談いただきます。

規制等がありなかなか難しいところなんですよねぇ(@_@;)

ガソリンエンジン車はともかく、ディーゼルエンジン車は特にその傾向が強いです。

 

そんな時には『サウンドモジュール』

いかがでしょうか!?

 

SONY DSC

W様のF31/320dには現在REMUS社のマフラーが装着されています。

4本出しでイケてますが、いざ『音』となりますと(^_^;)

 

SONY DSC

ということで、ライティングパーツでお馴染みのBREXさんから新登場の

『CODE PHANTOM EX』

でございます。

要するにサウンドモジュールで、写真のボンベ?から疑似音が出ます。

 

ACシュニッツァー社からも同様の商品がございますが、ACシュニッツァー社の

ものは音の切替等は専用のリモコンで行います。

 

ではBREX社は、、

SONY DSC

アプリです。

進んでますねぇ(^^)/

BREXさんらしいですよねぇ!

車両側は専用のコントロールユニットからCAN配線に接続します。

よって、アクセル開度に応じて音の強弱もモチロンつきます。

アプリとはBluetoothでの接続となります。

 

SONY DSC

真下から見上げるとこんな感じです。

車種によってスペースが異なるので、装着場所は様々です。

マフラーの付近に見えないように装着されるのが一般的ですので、

覗きこまれない限りは、マフラーから音が出てるような感じに錯覚いたします。

 

任意で音量(全体的な)、音量(アイドリング時)、音質(V8からV10サウンド)などが設定可能。

簡単にメモリー登録も出来ますので、お好みに応じて設定しておけるのも良いところです。

 

音にご不満の方!!

いかがでしょうか!?(^^)

次の記事

M4の脚換えました。