純正形状も安心の乗り心地。

2連休明けの木曜日です。

もう上着が手放せないくらいになってきましたが。。

それもそのはず。

いつの間にか10月も折り返しを迎えております(@_@;)

なんなんでしょうこのスピード感。

 

SONY DSC

F11の脚まわりの交換をさせていただきました!

先代も含めですが、5シリーズツーリングやX5・X6(全てではないですが。。)のリアはエアサスです。

ローダウンするにあたって、フロントはスプリングでなんとかなりますがリア側はエアの量で車高が決まります。

これが意外と厄介で、車高を下げるとエアバック内のエアーは少なくて済みますが、その分ショックの硬さがかなり気になります(-_-;)

今回は純正形状タイプで交換させていただきました♪

SONY DSC

ビルシュタイン/B12キットでございます。

フロントは純正と入れ替えでショック+スプリングで。

SONY DSC

リア側は純正と入れ替えでショックのみ交換していきます。

車高の調整は専用のエアサス調整ロッドで調整していきます。

エアサスで車高ダウンした時の気になるゴツゴツ感も、B12キットはショートストロークタイプのショックを使ってきてますので、乗り心地も犠牲になりません(^^)/

SONY DSC

車高もノーマルから約30mmダウンでイイ具合になりました。

乗り味も純正特有のピョコピョコ跳ねる感じも収まって安定しましたよ♪

 

前の記事

流石アクラポ♪