3連休も最終日です。

羨ましいのは羨ましいんですが、

基本平日休みで人混みに慣れていないせいか

他人と被るお休みはどうも好きになれません。

(ひがみっぽいですねw)

 

そんな連休最終日の川島は

午前中991.2/GT3にEBMの取付。

午後987ケイマンのウィンドレギュレーター交換。(難儀)

その他隙間でイロイロバタバタで頭おかしくなりそうでしたw

 

さて、M様のF55/COOPER SDにエアインテークシステムを装着!

長らくお待たせいたしました<m(__)m>

 

『EVENTURI(イベンチュリ)』のエアインテークシステムでございます!!

当店ではお初モノ(^^)

今回ディーゼルエンジン車への装着ですが、事例なし。

まぁガソリンエンジン車もディーゼルエンジン車も

エアクリーナー廻りの基本構造は同じなので、大丈夫だろうというところでした。

ちなみに事前チェックでディーゼルエンジン車は前期型でも

後期型ガソリン車と同じ形のエアマスセンサーを使用しているみたいです。

前期型用は少し前に日本でもデリバリーが開始されましたが、後期型用は日本1発目です!

 

ちなみにEVENTURIはイギリスに本社を置く、カーボンインテークシステム専門メーカー。

航空技術とチューニングのバックグラウンドを持って、

その経験をインテークに応用してるそうです。

シャーシダイナモもあり、自社でパワーチェックと整流試験を行い、

納得のいく性能に仕上がるまで、製品化されません。

 

純正ボンネットスクープはダミーですが、

EVENTURI製はこのボンネットスクープもカーボン製のものに交換して

上下からフレッシュエアーを取り込む、

デュアルエアインレット構造でございます。

 

↑EVENTURI製のボンネットスクープです。

 

より多い冷たい空気がエンジンに入ることにより

エンジンレスポンスもパワーも上がる設計ですね!!

 

カーボンインテーク専門メーカーというだけあって、

デザインやカーボンの仕上がりのクオリティーはバツグンですね(^^)/

写真では隠れてしまってますが、レッドカラーの乾式フィルター部分は

特許申請中のリバースマウントタイプを採用して、

吸気面積を多くとり、より多くのフレッシュエアーをエンジンに入れ込みます。

また密閉式の採用で、エンジンルームの熱い空気を取り入れることのないように、

エアインテークパイプ形状や取付位置にこだわっているとのこと。

 

アムゼックス社のラムエアーシステムと選択が別れそうですが…

どちらもオススメ!!(*^^)v

お問い合わせお待ちしています!!