S3にインタークーラーとBBS。

T様のAUDI/S3(8V)にインタークーラーとBBSホイールの装着をいたしました!

 

インタークーラーはワーグナーチューニング製のものを。

ちなみに交換は超絶大変…

めでたく?作業したくないランキング1位に躍り出ました(@_@;)

 

それではまいります。

まずインタークーラーへアクセスするにあたって

Fバンパー・レインホース・ヘッドライト等外します。

MINIでもバンパー外しですので、この辺りはなんとも思いませんw

(この時点で若干手こずってます)

 

既におかしな感じですが…

AUDIやVWはインタークーラーがちょっと変な位置にあります。

BMWやMINIはインタークーラーが車両の一番前方にありますが、

今回の場合は車両手前から

エアコンコンデンサー→インタークーラー→ラジエーターの順です。

インタークーラーがサンドイッチされてるわけですねぇ。

よって、コアサポートも半降ろししなきゃいけないんです。

でもエアコンコンデンサーやラジエーターは当然脱着したくありません。

なんとかかんとかインタークーラーが外れたら、次は装着。

ちなみに左は純正、右がワーグナー製です。

見た目そんなに変わらないように見えますが…

横から見ると結構分厚くなってますね。

コア容量は純正比約90%アップとのこと。

分厚くなっているということは、どこかにムリが出てきます。

ムリが出てはいけませんので加工入ります。

(というか、加工しないと全く装着出来ないですが)

事前に装着説明を見て、おおよその予想は組み立ててましたが…

ぜーんぜんあてになりませんでしたw

コアサポートの内部を削ったりしていくわけですが、

同じようには二度と出来ないと思います(^_^;)

要するに現物合わせってやつです。

着けては外し、着けては外し…

外しては削って、外しては削って…

この時期のエアー式のベルトサンダーはとにかく寒い!!

そして粉まみれorz

 

文章にするとあっという間ですが、

正直、しばらくはお腹いっぱいなので遠慮したいですw

参考作業時間180分とありますが…

まぁ単純に余裕で倍以上は掛かったと思います。

 

インタークーラーからエンジンへ繋がるホースは、

両側とも強化ゴム製に交換となります。

いやぁー久々に大変でした(T_T)

 

ホイールはBBS/RI-Aを。

マットグレイは白のボディーをレーシーに仕立ててくれますね!

純正タイヤ流用の18インチサイズですが、

当然純正ホイールより軽くなりますので、乗り味も随分変わります。

オーナー様も

『動きが軽快になった!!』

と仰ってましたよ(^^)

前の記事

M2C×KW-ver3。