ユピテル安心セット。

先週くらいから、立て続けに電装系の作業が続いておりまして…

ちょっぴり配線等を見るのが嫌になってる川島ですw

続く時は続きますので仕方ないんですけどね(^_^;)

準備する工具がずーっと一緒ってのが利点です。

 

そんな電装系のほとんどがレーダー探知機か

ドライブレコーダーの装着だったりします。

 

ということで、本日はS様のG11/740dの作業をさせていただきました!

 

まずはレーダー探知機。

今回はユピテル/Z290Csdをチョイス。

3.6インチモニターは大きい感じがしますが、装着すると見やすくてイイ感じ。

ダッシュパネル上には極力何も置きたくないということでしたので、

ルームミラー右上のVICSアンテナを利用してモニターを設置。

GPSアンテナはVICSアンテナと反対側に設置させていただきました。

OBDコネクターを使用しましたので、車両情報を出すことも可能。

配線等もほぼ露出しませんので、スッキリ装着出来ます。

 

続きまして、ドライブレコーダー。

本来は装着予定ではなかったんですが…

こちらのお車、納車の際にディーラーさんでドライブレコーダーが装着されておりました。

が、しかし。

前後装着されていましたが、前後とも四角タイプのモニター付きが装着されてまして(@_@;)

なかなかないパターンです。

特にリアはリアスクリーンを閉めるとカメラに当たって、カメラが飛んでいきました。

また、カメラも大き目でルームミラーで見ると視界にバッチリ入ります。

当然ですがリアスクリーンが閉められません。

『ストレス』とのこと。

 

いっそのこと入れ替えちゃうか!

ということで、

ユピテル/SN-TW80dを装着。

前後カメラセットですが、カメラも筒型でスマートに装着が可能。

スタービスカメラですので、夜間でも画像が綺麗なんです。

リアカメラもこの位置でスクリーンを上下させてもカメラとの干渉はなし。

この位置で撮影をしても後ろの車輛のナンバーが読み取れます。

また、今回のお車はスモークフィルムの施工はされてませんでしたが

スモークフィルム施工車やプライバシーガラスでも、問題なしです(^^)

カメラ側にモニターがないタイプですので、基本動作は

スマートフォンなどを使用します。

専用のアプリ(無料)をインストールして、カメラとWi-Fi接続をした状態が↑の画像。

SDカードを抜かなくても、カメラ映像のダウンロードや各種設定が可能です。

また、その時の位置情報なんかも出すことが可能。

モチロンSDカードをパソコンに入れて専用のビュアーで見ることも出来ます。

 

これで安心してドライブが出来ますね!!

 

その他、液晶メーターのコーディングも実施。

ALPINAメーターです。

↑コンフォートモード時。

 

スポーツモード時。

 

エコモード時。

メータースケールが330Km/hになりますので、

なんだかヤル気になっちゃいますw

次の記事

お馴染み3点セット。