臭いを除去!!(の実験中)

昨日は変な時間から雨が降ってましたが、

朝には晴れ間がのぞき始めてました。

この後は週間予報を見ても、ほぼ晴れ模様(^^)

ですが、最低気温は一桁台に突入してきました。

ということで、寒暖差には充分気をつけたいところでございます。

 

 

何故だかF系MINIってエアコンの臭い気になりません?

例にもよってお店のJCWも臭います。

ちなみに私のF60も臭います(まだ1年足らずですが…)

 

ということで、只今臭い除去の実験をしております。

根本の原因を除去しないと意味がないわけでして…

F系MINIの場合はエアコンフィルターを取り付けている部分の構造がよくないみたいです。

フィルターが水分を含んでしまい、そこからカビが繁殖して臭くなるとか。

また、エバポレーター自体の水分も逃げにくいそうです。

 

よってエアコンフィルターを交換しても、一時的には良くなるみたいですが、

それなりの時間が経過しますと臭いは戻ってくるそうです。(@_@;)

 

具体的な作業については、

エバポレーターに直接薬剤を噴射して清掃。

この薬剤も人間には害がないものですので、ご安心を!

 

運転席側のエアコンフィルターが装着してある蓋を外して

専用の機械で液剤を噴射していきます。

噴射した液体はエアコンの水車両下に流れるドレンから流れます。

今回はそんなに汚い水は出てこなかったですが、

酷いクルマは真っ黒な水が出てくるとか。

 

施工後、約1週間ほど経過しましたが

あのエンジン始動時にエアコンがONされた時の

いやぁーなカビ臭いのがなくなりました!

もう少し様子をみてみようと思っていますが、

施工をどうするかも含めて、改めてご案内いたしますね!

前の記事

新型Gクラス!!

次の記事

ユピテル安心セット。