DB11×Digi-Tec/ECUチューニング。

どうやら今週末は台風です。

前回と同じような規模だと言われていますが…

前回も割と被害が大きかったわけです。

どうなってしまうのか非常に心配です。

明後日の日曜日が、この地方は最も接近するそうですが

早めの対策が必要です!!(@_@;)

 

 

当店ではなかなか珍しい、I様のアストンマーティン/DB11が入庫いたしました!

 

お車は最新型のDB11でございます。

DB9からの後継モデルでアストンマーティン社が

ダイムラー提携後に発売された最初のモデルです。

そんなダイムラー社が色濃く出ているといいますか…

 

こちらのお車はV8・4.0リッターツインターボエンジン搭載ですが

エンジン開発はAMG社が行ってます。

排気音はC63やAMG GTなどで聞き慣れた感じ。

 

今回は、Digi-Tec社のECUチューニングの施工でございます。

DB11の場合はDME脱着が伴います。

まずはDME探しからスタート。

ボンネット開けて、エンジンルームを覗いてみます。

。。。確かにありません。

すると、ありました!

事前に聞いてましたがエンジンルーム内ではなく、右タイヤハウス内に。

フェンダーライナー捲るとは思いませんでした(^_^;)

サクッと取り外しをしまして、そのままDMEをデジテック社へ送ります。

デジテック社でチューニングデーターに書き換えていただき、返送されます。

見た目には何も変わってないDMEを取付していきます。

 

ノーマル:510馬力

施工後:95馬力アップ&トルク125Nmアップ。

施工したお車には、施工証明書がしっかり発行されます。

 

対応車種も多いDigi-Tecさんは↓

http://www.digi-tec.jp/

からどうぞ(^^)

 

しかし随所にコダワリ感満載なアストンマーティンでした。

まずオシャレ感がなんだか半端ないですよねぇ。

お洒落で速い!!

最高でございます(*^^)v

前の記事

慣れとは恐ろしいもの。

次の記事

激変したF30。