冷やす。

2週間ほど続いている猛暑日ですが、

埼玉県/熊谷市では5年ぶりに最高気温更新で

41.1℃だったそうです。

全然嬉しくありません(^_^;)

 

人も車も暑さで昇天しているのでしょう…

ここのところトラブル車両が多発しております…

あれだけ熱にさらされるので、この暑さじゃ仕方ないかと思っちゃいます(@_@;)

 

暑いのなら、冷やしてしまおう!

ということで、I様のF30/320dには

インタークーラー&チャージパイプの黄金コンビの装着です!

 

インタークーラーは、お馴染みワーグナーチューニング製!

 

右の純正と比べても大きさの違いは一目瞭然ですね。

サイズ・容量とも大幅アップです。

コア面積・コア容量とも純正比約60%以上アップしています。

 

特にブーストアップしているお車は夏場の温度がパワーにかなり影響してきます。

 

以下、ウンチク。

インタークーラーはラジエターの空気版。

空気温度が下がることにより、酸素密度が濃くなります。

同じ体積でも気温が高い場合・低い場合で酸素の密度が異なります。

酸素密度が上がれば、爆発力が大きくなって結果として馬力アップ(燃焼効率アップ)に繋がります。

 

最近ではダウンサイジングにともない、ターボエンジン車が多いですよね。

やっぱり問題になってくるのは熱問題。

当然この時期はエンジンにも厳しくなってきます。

ここを交換してあげることで、走行風を最大限に活かしてタービンで高温化した空気を適正な冷却効果で

燃焼効率を上げていき、パワーアップに繋がっていきます。

 

と、同時に交換しておきたいのは

チャージパイプです。

今回はFTP製のものをチョイス!

 

ちなみに、こちらは純正のパイプ。

頼りなーいブニュブニュのゴム製。

物足りません!!

 

金属パイプ、強化ゴムジョイントホースでロスを最小限に抑えます。

毎度毎度装着には苦労させられるんですが…

今日のも、パイプのとり回しや位置関係に苦労し、

インタークーラーとの接続に苦労し…

途中、人間が昇天しそうでしたが(ちょっとしたかも知れませんw)

無事に交換完了いたしました。

 

これからの時期にはマストアイテムなインタークーラーとチャージパイプです。

そんな中…

http://www.wagnertuning-japan.com/?mode=f2

ナント!!

↑気になる方はリンクから飛んでください。

(詳細は後日アップします)

そして、ご相談下さいネ!!

 

次の記事

走れる1台。