M4×CAE ULTRA SHIFTER。

毎日相変わらず暑いです。

丁度、今日店内のコカコーラの自販機の補充に見えたんですが

つい先日から入った新しいアクエリアスシリーズがアッという間に外されました…

なんでも、ぜーんぜん生産が追い付いてないそうです。

そりゃそうですよねぇ(^_^;)

飲み物ないとやってけないですが、重要と供給のバランスが悪いんですね。

しかし、この暑さいつまで続くんでしょうか…

 

 

F82/M4です。

漢の左マニュアル車でございます。

DCTもモチロン頭良くなってそれはそれは優秀なんですが、

ヤッパリマニュアル車ってオモシロイですよね(^^)

 

ということで。

いきなり完成図!!w

 

『CAE ULTRA SHIFTER』

でございます。

てっとり早くいくとクイックシフトKITです。

純正比、約70%のストロークを実現します。

素早いシフトとあきらかにステアリング位置と近くなったシフターは

スムーズでスピーディーなシフトフィールが得られますよ(^^)/

 

では、作業です。

ぶっちゃけ大変ですw

まずは室内側から。

センターコンソールを取り外す為、周辺はバラバラです。

サクッと外してリフトアップをしていきます。

ミッション周辺にアクセスするにあたり、マフラーや遮熱板やアンダーカバーを取り外します。

ミッションも少し下げます。

最初マフラーそのままで作業しようとしましたが…

ムリです(@_@;)

↑の写真は純正のシフトシステム。

室内から車両下から取り外ししますが、まぁ狭い!

工具どうやって入れるの?ってレベルです。

いくら手が細いのが売りの川島でも流石にしんどいです。

 

必要なパーツをミッションに組み込んでCAE本体を車両に装着していきます。

去年の春先にE36/318isにCAEをお初装着した時は

ボディーに穴あけで装着しましたが、今回の場合は

上の写真(車両下から撮ってます)のように専用のプレートとCAE本体をボディーでサンドイッチして装着します。

ボディーへの穴あけは一切不要の優しい設計です。

このギミック最高です。

でもセンターコンソール装着すると全く見えませんが…

 

あとはシフトの微調整を行います。

横方向、縦方向への稼働域の調整やリバース側への稼働の調整です。

メチャクチャ細かく調整出来ますが、少しでも怠るとイイ動きをしてくれません。

と、ここまででおおよその作業は終了ですが、

流石にセンターコンソールなしのむき出し状態ってわけにはいきません。

(レーシーですけどw)

 

完成図になってますが、センターコンソール内部や

ドリンクホルダー周辺の見えない部分を調整していきます。

ぜーんぶ装着すると何事もないように見えますが、

付ける→付かない→内部削る→付ける→付かない→削る…

を相当回繰り返しました。

血と汗と涙の結晶です(大袈裟ですねw)

でもバッチリです(*^^)v

スイッチ類や周辺のものも、そのままの位置関係ですのでご安心を。

ドリンクホルダーもそのまま使えますよ!

シフトブーツも純正ノブから切り離して装着。

違和感ありませんね!

ちなみにシフトノブはレッドですが、7種類から選択出来るそうです。

 

最後に診断等行って終了!

純正とは比べものにならないくらい

素晴らしいシフトフィールになりました。

コキコキ入ります(^^)

シフト位置も高くなってますので、変に目線を落とすこともありません。

いやぁー楽しい!!

気になったマニュアルオーナー様!

色んな車種用があります。

是非、ご相談下さいネ!

前の記事

効率アップ!