PerformanceUpgrade×M2。

昨日は年間にあるかないかの水曜祝日でございました。

いつも休みは平日ですので、基本人混みに慣れていません。

いやぁ、久々に某ショッピングモールで人混みに突入してきましたが、

やっぱり慣れません(@_@;)

こういう時だけは平日休みで良かったと思ってしまいますねw

 

 

先日ですが、F87/M2にACシュニッツァー社の

『Performance Upgrade』

の装着をさせていただきました!

 

元々は某社のサブコンが装着されていましたが、

もう少しフィーリングをなんとかしたい…

というご依頼でした。

非常に難しいです。

ピークパワーはどこの商品にも大きな差はないと思いますので、

そこまでのパワーの出し方次第なんですよねぇ(^_^;)

 

M2用のパフォーマンスアップグレードは

ノーマル:370馬力→420馬力

トルク:500Nm→580Nm

という数値結果がメーカー公表値でございます。

 

以下、メーカーHPより

ACシュニッツァー/パフォーマンスアップグレードは単にターボのブースト圧(過給圧)を

高めるだけの内容とは異なり、それぞれの領域での点火タイミングと燃料調整を

厳格なテストの元に開発されております。

また標準でも備わっている様々な環境・温度変化によるエンジン保護までも進化させ、

結果的に耐久性の向上をも備えておりますので、ノーマル以上にいつまでも安心してお使い頂く事が出来るでしょう。

・点火タイミング、燃料調整、ブースト圧が絡む複合的な作用によりパフォーマンスを向上。

・普段の乗りやすさ、扱いやすさを重視したチューニング。

・高トルクによる出力によって、よりスムーズな追い越しを可能に。

・エンジン保護関連のパラメーターの保持を重視。

・エンジン回転数・冷却液温度、オイル温度などを管理し、的確なパフォーマンスを発揮。

・エンジン保護の為、エンジンが温まってから作動します。(エンジンオイル温度が80度に達してから作動します)

・長時間ドライブなどにより、エンジン温度が上がると自動的にパフォーマンスを弱める。

・DME(制御コンピューター)を直接チューニングしないため、点検や診断でのトラブルの心配はありません。

 

金額的には確かに高額ですが、その分しっかり考えられて作られています。

(他メーカーが考えられてないって訳ではないですからね!)

乗り味としては他社サブコンよりもピークへの到達がマイルドです。

(言い方を変えると低域からしっかり伸びるということです)

この辺りはオーナーさんで感じ方が変わりますが、ドカッとターボが効く方を

好む方もお見えになります。

この辺りは好き好みが出てくるポイントですので、是非ご相談下さいネ(^^)/

最適なモノを選びましょう♪

前の記事

M2にイロイロと。