テスト!テスト!!

昨夜は、歌手の安室奈美恵さんが来年引退されるというニュースが駆け巡りました。

朝のニュースはこの話題が一番最初に出てましたね。

40歳で引退。

いやぁ、なんとも潔いなぁと思いました。

なかなか絶頂期に辞めるなんて出来ないですよねぇ。

この1年が凄く楽しみになりました(^^)

 

SONY DSC

チョット手があいた隙に、パーツのテストなんかもいたします。

今回はM4。

先日のブログにも書きましたが、Drive.の三秋さんが持ち込んだパーツ。

こちらのテストを開始いたしました。

 

SONY DSC

とりあえずエンジンルームをバラしていきます。

なんだか慣れたものですw

 

SONY DSC

まずはここ!

インテークマニホールド~インタークーラーを繋ぐ部分。

純正名称『チャージエアガイド』

プラスチックパイプとラバーホース他で構成されてます。

SONY DSC

左:純正 右:交換パーツ

まずパイプがプラスチック製からアルミ製にかわります。

SONY DSC

M3・4に限らずたまにあるトラブルですが、プラスチックが長年の劣化だったり

熱問題だったりで、割れてしまい過給がかからずエンジンチェックランプが点灯することがございます。

ブーストアップしている車両にも見受けられます。

また、パイプとインタークーラーを繋ぐゴムホースを締めるバンドも

あまり強くない印象デス(外さなければ大丈夫でしょうけど、、)

 

SONY DSC

続きまして。

こちらもM3・4ではお馴染みのチャージパイプキット。

デモカーにはER製のものが既に装着されていましたが、

別メーカーのテスト品に交換。

http://www.er-japan.net/product-page/s55-3-0tt-f80-f82-f83-charge-pipes

チャージパイプの効果は↑参照。

少しパイプの取りまわしなんかが違います。

作業者側しかわからないんですが、ER製のものは少々取りまわしがキツイんですよ(@_@;)

今回のものはその辺りが改善された日本製です!

 

もの凄く体感出来るか!?

と言われるとなかなか難しい部分もあるこういったパーツ群ですが、

予防も兼ねたバージョンアップはオススメメニューでございます!

 

また価格等はご案内させていただきますね(*^^)v