R系も健在ですよ!

今週末は鈴鹿サーキットでスーパーGTが開催されています。

鈴鹿1000kmとしては最後の開催だそうで、来年からはガラッと内容が変わるそう。

タイヤがワンメイクだそうですが、サプライヤーにはピレリが選ばれていたのも注目ですね!

明日の決勝が楽しみです(^^)/

 

 

さてF系MINIが猛威をふるう中、

まだまだ負けてられない先代R系も健在です!

パーツも出揃ってますし、ベースも手頃になってきました。

なにより走ってオモシロイのはR系のような気がしなくもないです(^^)

 

メンテナンス・リフレッシュついでにバージョンアップなんてのもアリですよねぇ♪

 

SONY DSC

N様のR56もその1台。

元々は他社製の脚廻りが装着されていましたが、そろそろ交換時なタイミング。

今回はビルシュタイン/BSS-B14キットを装着させていただきました。

車高調・減衰力固定式のスタンダードな脚ながら、MINIの魅力は充分に引き出してくれます。

 

SONY DSC

印象としては少々カッチリ目ですが、

『ゴーカートフィーリング』

なMINIですからね!

 

距離相応なへたりを見せていた、アッパーマウント等も同時に交換いたしました。

せっかく脚が新品でも、マウント類がへたっていると性能も引き出せません。

異音等の原因にもなりかねませんので、気になる方はチェックしてみるのもアリですよ!

乗り方にもよりますが、5万キロ以上のお車はそろそろだと思います(^_^;)

 

点検なんかもお気軽にご相談下さいネ!

トラブルは事前に防ぐのに越したことはないですから!!

 

SONY DSC

N様は今回エアロも投入!

フロントバンパーはガルビノ製のフル交換タイプ!

各部塗り分けやグリルも同時に交換いたしました。

 

SONY DSC

リアバンパーもガルビノ製のフル交換タイプ!

こちらも部分部分で塗り分けを行っています。

マフラーを包み込む対タイプのディフューザーって、ヤッパリ迫力が出て

イイ具合ですよねぇ♪

 

 

前の記事

残りあと数日デスヨ!!

次の記事

白×白。