限定モデル×2台。

朝起きると辺り一面雪模様で猛烈に焦った川島です。

(いや、それ岐阜市の外れだからでしょ?ってツッコミはなしでw)

一宮はほんのり程度ですが、日中もチラチラとしてる時間が多かったです。

とはいえ、新東名高速が通行止めになってたり中国地方は記録的大雪だったり、、

なかなかです(@_@;)

 

SONY DSC

同じ車種が入庫になることは、よくある光景ではあるんですが、、

F80/M3の限定車、『30 Jahre(ドライスィッヒ・ヤーレ)』が同時入庫。

SONY DSC

SONY DSC

1986年の初代M3の登場から30年を記念した限定モデルで、全世界500台・そのうち日本へは30台が導入されているそうです。

ボディーカラーも初代M3の特別カラーとして加わった『マカオブルーメタリック』を採用。

エンジンも450馬力仕様のコンペティションパッケージが標準装備だったりします。

 

1台は、ハイビームアシスタントのアレコレでご入庫。

SONY DSC

専用のステアリングコラムスイッチに交換をして、コーディングをしてあげると、、

SONY DSC

はい!ハイビームアシスタントが作動いたします。

メーター内のインジケーター点灯中は条件が整えば自動でロービームがハイビームに切り替わります。

高速道路や視界が悪いところ、暗いところでは有効的な機能でございます。

 

もう1台は長期でお預かり中、、

先日納車前作業でMパフォーマンスの新作リップ等装着した常連様のお車。

SONY DSC

まずはウィンドーフィルムの施工。

リア3面(リアドア×2・リアガラス)はブラックのフィルムで。

SONY DSC

フロント2面(運転席・助手席)は透明タイプの断熱フィルムを。

SONY DSC

当店では事前予約になりますが、専門の業者さんに入っていただき施工していただいております。

SONY DSC

フロントガラスにはグラデーションフィルムを施工。

これが日差しが強い時などには有効でサンバイザーだけではまかなえない時に威力を発揮します。

SONY DSC

法規上、貼り付け出来る範囲が決まってますので、しっかり計測してから施工していきます。

 

SONY DSC

写真にするとほぼ判別出来ないんですが、、

フロント部分にはプロテクションフィルムの施工をしていただきました!

※こちらも要予約です。

飛び石などには特に効果的で、塗装へのダメージやカーボンパーツへのダメージを最小限に食い止めることが出来ます。

一見貼ってあるかどうかの判別は出来ません(^^)/

お値段は確かに高いですが、、

ウワッ、、

ってなる前にオススメしておきます!!

前の記事

大阪オートメッセです!

次の記事

STの選択。