お取り扱いスタートしました!

『WAGNER TUNING』のお取り扱いがスタートいたしました!

SONY DSC

インタークーラーでございます。

ターボエンジン車には欲しいアイテムですよ(^^)

1994年ドイツに設立したこちらのメーカーさん。

インタークーラーやダウンパイプなどを展開していますが、高性能・高品質でドイツ有数のチューナーのひとつになっています。

自社製品はもちろん、ドイツ国内の大手メーカーから数々の依頼を受け、製品を開発し・提供し続けてます。

SONY DSC

純正のインタークーラーと比べると、サイズは一目瞭然!(F30/320d)

サイズアップ・容量アップしていきます。

純正インタークーラーを大型化することによって、走行風を最大限に活かして、タービンで高温化したエアーを適正な冷却効果で燃焼効率を上げ、パワーアップに繋がります。

BMWだけでなく、AUDIやVW、メルセデス含めダウンサイジングターボ車両が増えているドイツ車には是非欲しいパーツのひとつでございます。

 

本日は常連様のF30/320dに装着させていただきました!

SONY DSC

SONY DSC

手前が純正・奥がワーグナー社のインタークーラーです。

純正と入れ替えるタイプですが、基本加工なしでサクッと交換が出来ました♪

SONY DSC

装着してしまうとあまり目立たないパーツですが。。

SONY DSC

※インタークーラーがブラックになったので、余計目立ちませんw

特にブーストアップしているお車は夏場の温度がパワーにかなり影響してきます。

 

以下、ウンチク。

インタークーラーはラジエターの空気版。

空気温度が下がることにより、酸素密度が濃くなります。

同じ体積でも気温が高い場合・低い場合で酸素の密度が異なります。

酸素密度が上がれば、爆発力が大きくなって結果として馬力アップ(燃焼効率アップ)に繋がります。

 

熱タレ対策も出来て、パワーアップにもつながるアイテムでございます(^^)/

前の記事

好みの乗り味。

次の記事

見にくくなったなぁと。。