明るいは偉い(^^)/

最近ですと、良くも悪くもどんどんLEDの波が押し寄せてきてまして、ヘッドライトやフォグライトまで純正でLEDが採用されてきています。

以前に比べれば性能も上がってきていますが、どうにも一度キセノン(HID)を味わうとなんだか物足りない気になります(@_@;)

フォグランプくらいはむしろ色変えたいくらいなんですけどねぇ。。

 

SONY DSC

隠れデモカー(デモカーというかオモチャw)のZ3/Mクーペ。

その昔組んだHIDが年数の劣化と共に色味も暗くなってきてしまいました。

よくあることですよねぇ(-_-;)

SONY DSC

暗くなると運転にも支障が出ます。

今回はBELLOF/SpecLeMansGTを装着。

45Wのハイワットバラストに6000Kのバルブの組み合わせになります。

コンバージョンキットですので、バラスト・バーナー(バルブ)・イグナイターの組み合わせです。

※一部装着出来ない車種もございますので、ご相談下さい。

SONY DSC

一目瞭然!

パワーが違います♪

写真ではやや青白く写りますが、実際はしっかりと白色です。

今でこそ純正キセノン装着車の性能もあがってきて、バルブ交換のみでも十分明るくなってきましたが。。

明るさは勝てないですね(^_^;)

特にAUDI/VWなどは純正でD3(水銀レス)バルブを採用していますが、正直あまり明るくありません。

これにバージョンアップするだけで随分明るくなりますよ♪

前の記事

安心装備で~