まだまだ現役ですから(^^)

F80/M3・F82/M4が登場しましたので、先々代前のM3になるE46。

まだまだ台数もそこそこいますが、どうしても年数劣化や走行距離も増えてきてますので程度の維持が必須になってきています。

SONY DSC

今回のM3はハンドリングの改善でご入庫いただきました!

事前にリフトアップにて点検と試乗をさせていただきまして、パーツのリストアップと交換作業のご依頼をいただきました。

 

E46の泣き所といえば。。

SONY DSC

まずあげられるのが、ロアコントロールアームブッシュ(通称:ロアコン)の劣化です。

ここがダメになるとハンドリングの悪化やブレーキング時にステアリングが振る等の症状が出始めます(-_-;)

今回は純正ブッシュからMF-R製の強化ブッシュで交換をさせていただきました!!

純正より硬度のゴムブッシュでハンドリングもリニアに反応してくれます♪

ゴムブッシュですので、異音等の心配もございません!!

 

SONY DSC

次にタイロット。

ステアリングギアボックスと脚まわりを繋ぐ部分です。

この部分が劣化してくるとガタが発生して、こちらもステアリングフィーリングの悪化になります。

 

SONY DSC  SONY DSC

距離相応のへたりが見られた脚廻りはビルシュタイン/B12キットで交換をさせていただきました♪

純正形状タイプですが、純正より乗り心地良く・程よい硬さで安定感もあります(^^)/

アッパーマウント等もリフレッシュを兼ねて交換させていただきました。

 

新型車種が出てきても、まだまだ先代・先々代・そのまた前もまだまだ現役です!!

ドレスアップというよりは、修理や維持に費やすことが多くなりますが。。

そこは愛情たっぷりでいきましょうね(*^^)v

 

 

次の記事

お知らせと諸々と。。