今日の一宮市の天気、最高気温は30℃超えと残暑厳しいですが、4・5mの風が吹いてるおかげで日陰に入ると涼しく過ごしやすい一日でした。(^^)/

 

 

M 様がお乗りの BMW M3(F80)

今回の入庫では プラズマダイレクト ・ 純正プラグ ・ FTPチャージパイプ 施工をさせて頂きました。

プラズナダイレクト は、昨今のダイレクトイグニッションシステム車に対応するために開発された最新の点火チューニングパーツです。点火エネルギーを増大させるシステムを独自の技術でイグニッションコイルと一体化。配線や接点で発生するロスや抵抗が一切無いので、最強の点火チューニングを行なうことが可能です。 取り付けはノーマルのコイルと交換するだけなので簡単に点火チューニングが完成します。(メーカー談)

通常1回だけのスパークを3回以上発生(マルチスパーク)させ、さらに2次電流値を純正コイルの約2倍にまで増大させることで燃焼効率を向上させます。
特にこのマルチスパークは100万分の1秒という単位で発生させるため、高回転域に至るまでマルチスパークを持続させることが可能です。フルチューンエンジンでも充分に追従できるスペックを確保しています。街乗りから競技まで様々なドライビングシーンで効果を発揮することができます。(メーカー談)

ドルト全てのデモカーには装着されていてプラズマダイレクトはパワー系チューニングの中でも必須アイテムのひとつだと考えています。ドルトでは点火系で最も信頼を置いてるメーカーで、長年に渡り取扱いしておりますがオカダプロジェクツさんは、点検・オーバーホールなどのアフターサービスもしっかりしていて、皆様には安心して使って頂けるパーツです。

今回の入庫では、イグニッションコイルを外すなら「ついでにプラグも替えて下さい。」と、交換させて頂きました。これで点火系はリフレッシュ! です。(^^)/

FTPチャージパイプ  ハイブースト時などに、純正は樹脂製品でブースト圧の損失も出ますが、FTPチャージパイプ(アルミ)に換えることで損失圧が減りターボラグも軽減させることのできる、ターボ車にはオススメなパーツです。(^^)/