3日間のオートサロンも本日で最終日でございます。

未だかつて3日間(搬入日も入れると4日間)会場に居たことはありませんが、

まぁ普段仕事中も、そーんなに歩数ってないんです。

が、搬入日は約2万歩・金曜日の初日は1万6千歩。(iphone調べ)

未だに足が痛いのを引きずってたりします。

歳でしょうか(@_@;)

 

 

K様のF56/JCWにご入庫いただきまして、諸々の作業をさせていただきました!!

 

まずはメッキ消し。

フロントグリル(外周部分)は純正のブラックグリルへ交換。

交換はバンパー脱着が伴いますが、カバータイプのものと違って

フィッティングは流石純正品でバッチリです!!

 

ドアハンドルとフューエルキャップはマックスコーポレーション製の

上から被せるカバータイプです。

ブラックが定番にはなりますが、ルーフやミラーカバーが赤ですので

差し色も兼ねてチリレッドで統一。

また、メッキのウィンドーモールはガルビノからリリースされてます

ブラックのモールテープを貼りました。

 

ヘッドライトにはライトスモークのプロテクションフィルムを施工。

 

メッキ部分は全て消し込んでますが、

差し色で部分的に赤が入ったことで、暗くなりがちなところが

明るくなりますね(^^)/

 

USフェンダーも装着。

これもワンポイントになってイイですね!

 

そして、室内環境向上化。

JOYN SMART STATIONも装着!

標準でFLAT/BASS BOOST1/BASS BOOST2/LOUDNESS

の4種類のGROOVE MODEを搭載しています。

純正スピーカーの能力を最大限まで引き出してあげます。

 

以下、メーカーHPから・・・

NANOCOMPOシリーズ・高性能USBスピーカーで高い評価を受けているOlasonic(オラソニック)が開発した

SCDS『Super Charged Drive System』回路。

その回路理論に基づいてJOYN SMART STASIONは設計されています。

JOYN SMART STATIONが小型でありながらも、トルクのある低音と高解像度の中音、高音をドライブできる理由です。

純正の内蔵アンプや一般的な社外ナビオーディオでは、スピーカーのインピーダンスが2Ω近くまで下がった場合に

必要な電流の供給が追従できず制動力が不足気味となり、ブーミーな音に感じられます。

そこでJOYN SMART STATIONには大容量キャパシターを2つ搭載し、小信号時に余る電気をキャパシターに蓄え、

大信号時に蓄えたキャパシターから大きな電流を供給するという、ハイブリッドカーのような仕組みを採用しています。

この考え方と設計がスピーカーの再生能力を最大限に活かします。

 

低・中域がかなり太った感じになり、ボリューム感が出てきます。

純正スピーカーでも問題なく組み合わせられます。

チョット純正は物足りないなぁ…

と感じた方には、オススメのキットでございます!!

デモカーでの視聴も可能ですよ!

JOYNで低・中域をカバーして、レイヤードサウンドで高音を更に

良くする組み合わせもオススメですッ(^^)