【お知らせ】

今月は定休日が通常と異なります。

2月13日(火) 第2火曜日で定休日ですが営業します。

2月14日(水) 定休日

2月20日(火) 第3火曜ですが、富士スピードウェイでRECAROさんの研修の為、臨時休業

2月21日(水) 定休日

上記日程となりますので、お間違えのないよう宜しくお願い致します<m(__)m>

 

さて、今週末は大阪オートメッセでございます!

2月10日(土)~12日(月)までの3日間の開催でございます(^^)

場所は大阪府/インテックス大阪です。

 

当店からは東京オートサロン同様、RAYS様のブースのF87/M2を持って行きます。

新作のTE037/6061を装着しての展示ですよッ!

以下、RAYSホームページより引用。

2017年、産声をあげた VOLK RACING TE037 DURA。

その製造には最強のアルミ合金A7075超々ジュラルミンが奢られ、与えられし性能は名だたるレースで使用される専用モデルに肉薄するほどに。

そして、技術の粋を集め造形されるカタチは見る人々を釘付けにした。それから6ヶ月、VOLKの宿命である進化を目指し「TE037 6061」の開発を開始。

ハイパワー&ヘビーウェイトなプレミアムスポーツに向け開発されたTE037DURAに対し、

TE037 6061はそのターゲットを脅かす高性能なミドルスポーツクラスへ向け、サイズから素材に至るあらゆる事象を再構築。

そして、困難を極めた開発を経て仕上げられたその性能は、A6061アルミ鍛造ホイール最高レベルと呼べるほどの仕上がりに。

高性能なミドルスポーツクラスの世界標準の足元に向け設定した19インチサイズでは8.15kg~と驚異的な数値を誇り、

超々ジュラルミンから素材を変更することにより、プライスコンシャスも留意。

レイズが誇る特許技術により、5軸マシニング加工機によって穿たれるスポークサイドのウェイトレスホール、

スポークエンドに設けられたウェイトレスポケットはTE037 DURAより受け継ぎ、軽量性/剛性性能の向上のみならず、機能部品としての美しさを放つ。

そこに、TE037 DURAには与えられていない、スポークに刻まれるVOLK RACING ORIGINAL のマシニングロゴ、

新たな表面仕上げである「マットガンブラック」によってその姿は進化し、紳士的な佇まいでありつつも獰猛さを内に秘め、

精悍で動的な表情を醸し出す。それこそTE037 6061の本懐。

とどまる事無く、さらに進化を続ける高性能なミドルスポーツクラス、その傍らにはVOLK RACING TE037 6061こそが相応しい。

是非、現物を確かめてみてください!

オートサロンの際はかなりイケイケサイズでしたが(そのまま走るのはムリでした)

今回のオートメッセでは、しっかりM2用サイズを投入しています。

またひとつ、悩ましい選択肢が増えましたね(^^)/