風がってよりは雨が多かったように思う今回の台風。

昨日の帰宅時間がまさに豪雨(@_@;)

クルマから出たくないくらいでした。

まだまだ警戒が必要な地域があるようです。

 

 

お車の状況を把握するのに便利なのが

『追加メーター』

でございます。

 

一昔前は、アナログでセンサーをエンジンルーム内に取り付けて

室内に配線引っ張ってなんてやってましたが、

世の中便利になったものでw

OBDカプラーに差し込んで車両情報を表示させることが可能になりました。

※とは言っても一番正確なのはアナログでセンサーから引っ張るのがイイんですが(^_^;)

 

M4には『P3CARS』の『P3 Vent Gauge』を。

http://www.p3cars.com/

SONY DSC

その名のままですが、運転席側のエアコン吹き出し口の一部にメーターを仕込みます。

M4に装着した具合ですと、視認性としては問題なし。

メーターは吹き出し口の半分ほどを塞ぎますが、風はしっかり出ます。

※右・左ハンドル設定がございます。

車種によって取得出来るデーターは異なると思いますが、

・ブースト

SONY DSC

・クーラント(水温)

SONY DSC

・吸入空気温度

・点火時期

・排気ガス温度

・スロットル開度

・エンジン回転数(シフトを表示可能)

SONY DSC

・車速

・0mー60mタイム計測

※後付センサーにより外部入力も可能です。

メーター上部にあるボタンを押すと任意で表示する内容を変更出来ます。

車種もBMWに限らずありますので、気になる方は探してみてください!

 

SONY DSC

MINIにはPIVOTのDUAL GAUGE PROを。

パネルはGIOMICさんの専用品を使用しています。

こちらのパネルは60Φのメーターであればメーカー問わず装着可能です。

エアコンのベンチレーター機能を犠牲にすることなく、排気ダクトもございます。

SONY DSC

PIVOTデュアルゲージプロはOBDから、ブーストと水温を同時表示可能にしています。

 

機能的にもですが、見た目もイイですよね!

クルマの状況も把握出来てオススメですよ(^^)

※レーダー等でOBDカプラーを使用している場合は併用が出来ませんので、予めご了承ください<m(__)m>