良く晴れた1日でした♪
まだまだ暑い日が続きそうですが。。
このまま秋を通り越さなければ良いんですけどね(@_@;)

さて、写真はアライメント施工のレポート結果です。

以前にもちらと書きましたが、この微妙な数値が走りやハンドリングを良くも悪くも大きく変えてしまいます!

本日はK様のE92/335を施工していただきました。
K様からは
『ハンドルが轍や段差でとられる。。』
『クルマが左に流れていく。。』
といった症状がありまして、実際のところフロントタイヤが劣化、しかもどちらかというと偏磨耗を起してしまっていました。

新品タイヤに交換させていただき、4輪アライメント施工をしていただきました。
ほとんどのお車が『トー』・『キャンバー』の数値(角度)で出来上がります。

今回の結果からいきますと、前後とも数値的には許容範囲からは外れており偏磨耗も納得な数値でした。。
せっかく良い脚・良いタイヤ・良いクルマでも、ひとつでも崩れる要因が出てしまえば楽しくないですよねぇ(>_<)

『クルマの骨盤矯正』なんて某CMではいわれていますが、目では確認出来ない、この数値。。調整する価値は十分にあると思います。
特に脚廻りを交換したクルマなどは、施工をオススメいたします!