地味~ぃなタイヤの写真ですみません(>_<)

交換した車両はBMW/E70・X5で脚まわり等は全くのノーマルで純正のランフラットタイヤ装着車です。
こちらのタイヤですが、2本とも片側(内側に取り付けていた方)はワイヤーが出てしまい、バースト寸前で非常~に危険な状態でございます(@_@;)
ここまできてしまうと即!交換ですねぇ・・・

年末・年始で遠出をされる方も多いかと思います。
タイヤを守る・長く使っていただく為にも、こまめなエアー調整は必須です!
エアー圧は高すぎても低すぎても良くありません!!

よくあるのは調整が面倒だから、適正値を大きく上回った数値でセットされている場合があったりします。
エアー圧が高すぎると、乗り心地も跳ねるような感じになったり偏磨耗も引き起こす原因にもなります!

車両やタイヤサイズ・銘柄等に応じた適正な数値にセットしてあげて下さい(^_^)v

高速道路でバースト!なんてことになったら・・・
考えただけでもゾッとします・・・(T_T)

今回のタイヤの場合はかなりの内側が偏磨耗ですので、アライメントの数値も悪いかと思います。
脚まわりを交換している車両でなくても狂っている場合が多くあります。

脚まわりを交換したタイミングやタイヤ交換したタイミングでのアライメント調整をオススメいたします♪
良いものは出来れば長く使っていただきたいですからね\(^o^)/