BMW ニューM5(F10)に、KW(バージョンⅢ)装着させて頂きました。(^_-)-☆

KW バージョンⅢは、車高調式で、伸び側無段階、縮み側14段階の減衰力調整式のKWトップグレードのサスペンションキットです。

今回の装着では、ノーマルからフロント約30mm・リア約25mmのダウンでセッティングしました。
減衰力は慣らし(500km~1000km)が終わるまでメーカー推奨値で乗って頂き、その後オーナーの意向に沿った調整をさせていただく予定です。
アライメント調整はフロント側がヘルパースプリング付きのサスペンションで、慣らし走行後に車高変化が起きますから、こちらも後日の調整を施させて頂きます。(取付け時に通常走行に支障が無い様、基本的な調整はします。)

装着後、テスト・ランをしましたが、走行距離が1500km以下と、新車慣らし中の為2000回転以下しかエンジンは回せませんでしたが、素性の良さは。。。。流石! M5です。

余談ですが、M5をリフトアップし裏側を見て。。。流石! M5って感じでした。F/Rアーム・排気系周りを除いて、ほぼフラットボトム形状をしています。車体裏がコレだけフラットになってると、高速走行時はベタって貼り付く感じで、走行安定性は。。。素晴らしいでしょうね~(^_^)v
今後のモディが。。。とっても楽しみなM5です。