“ メタルキャタライザー ”ってパーツは、みなさん 聞いたことがあると思いますが、今回 ASTON MATIN(V8 Vantage)に装着させて頂いたのは、『 LARIN 』(イギリス)製のレーシング・メタルキャタライザーです。
オーナーの ドンちゃん に装着後の感想を聞いたのですが、『 スゲェ~!!(^^)! キャタライザーで走りがこんなに変わるんだ! 排気音も走りも 超! ナットク(^_^)v 』と、とても喜んで頂けたようでした。(^^♪
キャタライザーの中が写っている写真(右下)を見て頂くと左側がノーマルメタルキャタライザーで、右側がレーシング・メタルキャタライザーで、中を見ると解って頂けると思いますが、ノーマルは細かいメッシュで、レーシングは三つのツムジ状の様な形状をしています。
メタルキャタライザーには、色々な種類の物が有り、大きく分けるとノーマル ・ スポーツ ・ レーシングの3種類に分けられます。
色々なメーカーのキャタライザー(汎用)を、単品で購入する事も出来ますが、性能が良いほど価格は高くなり、1個の値段が30.000円(ノーマル)~150.000円(スポーツ・レーシング)以上する物まであり、車種専用になると、更に値段が高い場合もあります。
みなさんがご存知の『スーパースプリントマフラー』社から車種によって販売されているメタル触媒もレーシングタイプですから、価格が高いのも納得できますね。
キャタライザーを購入される時に、中を一度覗いて見て下さいね、ツムジが2個以上あるタイプの物は間違い無く高性能なメタルキャタライザーですよ~。(^。^)
。。。。「エッ? 本当に??」と、思われるかもしれませんがキャタライザーを変える事で、クルマの走りは物凄く! 良くなりますよ~(^_^)v