dort の古くからのお客様 (H)さんが、BMW135ⅰクーペを昨年末に購入されから半年チョットが過ぎ、そろそろ何かを触ろうと?、今回タイヤホイール・サスペンションの交換をさせて頂きました。(^・^)
装着したのは、
    タイヤ = ピレリーP-ZERO ネロ
         フロント 225/35-19
         リアー 255/30-19
   ホイール = シュミーデン・インデビ (ハイパーブラック)
         フロント/リアー 8.5X19 +43
サスペンション = ビルシュタイン BPS キット
以上3点です。
クルマのイメージを変えるのに最初に車高を下げ・インチアップといった、チューニングメニューから施すと イイですね~(^^♪
最近のクルマはノーマルのボディ自体が、古いクルマに比べて見ると、最初からエアロパーツが組まれている様な雰囲気の車輌が多いですから チョット車高を下げてタイヤホイールをインチアップしてあげるだけで、ガラッとイメージが変ります。
クルマにとっても直進安定性・コーナーリング性能・危険回避ハンドリング性能などが向上し、クルマの挙動が減るのでブレーキ性能までが上がったかと? 思えるほどに変ります。
ほとんどの方がスタイリングを意識されて車高を下げたり、インチアップをされる場合が多いのですが、安全性向上にも、とても好ましい事です。・・・でも・・やり過ぎは禁物ですよ。
(*) バネだけで下げたり・下げ過ぎたり・ホイールのリム幅とタイヤサイズが合っていない場合などは危険な場合も有りますので要注意!デス! プロショップなどで よく相談をして適正な装着をする事をお薦めします。