ここのところ、よくイベント・雑誌等に出していました MINIクーパーS(R56)ですが、エクステリアの最終系仕上が出来上がりました。(本当は名古屋オートトレンドに間に合わせたかったのですが・・・(*_*;)
このMINIのフロント・リアーには基本的にACシュニッアー製のスポイラーが組み付けてありますが、ACシュニッアーのイメージを出来るだけ崩さないようにプラス カーボンを着けています。
リアーは既に完成していましたが、今回はACフロントリップにカーボンリップを吊り下げるのではなく、リップ内に埋め込みをして一体的に仕上げてみました。
最低地上高もACフロントリップよりも10mm ほど高い位置に設定し、前えの出具合も15mmに押さえてみました。。。なかなか良い仕上がりになったと思いますよ~。(^^♪

バックカメラの取付でカメラを着ける場合、出来る限りクルマのセンター部に付けたいのですが、トランクキャッチャーSWが有ったり、ナンバープレートが隠れてしまう為、端に付ける事が多いのですが、dort では今回 国産車用のトランクSWを流用して右側に移動し、センター部にカメラを取付けました。
目立たない取付が出来て、不自然な感じも無くとてもいい感じに出来上がりました。
皆さんの愛車でもパーツで『こんな感じ?あんな感じ?』に、なんてお悩みな事がありましたら、どうぞお気軽にご相談下さい。
このMINIは『ある物を そのまま』じゃ無いカスタム仕上げとして良い見本になる思います。(*^^)v