“BMW M3 CSL” (E46) 
素晴らしい名車ですね、2001年の国際モーターショー(IAA)で初めてお披露目された時は、凄い衝撃を受けました。
1973年に 3.0 CSi をベースにしたレーシングカー3.0CSL/3.0CSL(IMSA)以来の【CSL】という名称を市販車ベースでの復活でしたから!ビックリ!!しました。
レーシンカーとしては M3 GTR がアメリカなどでのレースで走っていましたから、M3 CSL は純粋に市販車として考えられた車なのかも知れませんね??
M3 CSLは2003年の夏にニュルブルクリンク・サーキット(北コース)を7分50秒というタイムで走り、当時のポルシェ911 GT31よりも4秒も早かったと、ある本にも記載されているほどです。・・・ちなみに標準仕様のM3より約30秒も早いタイムだったそうです。CSL!!恐るべしデス
カーボンファイバーパーツ(エンジン・屋根・室内インパネ)・アルミニュウム・マグネシュウム製フレームなどを多用して徹底的に「超軽量ボディ」に仕上がったおかげで パワーウエイトレシオ 1bhp当たり3.85kg(標準仕様のM3は4.36kg)で当時としては脅威的な数字をたたき出しています。
今後、発売されてくるBMWに【CSL】の称号が付いてくる車両があるとしたら??とても楽しみですね~(^^♪
この M3 CSLは 常連様の〇藤さんの セカンドカー? です。
CSLの性能・イメージを壊さないように、dort でチューニングさせて頂いた 1台です、カーボンインナーパーツ(AC)・ブレンボブレーキシステムF/R・ニーズ製19インチ マグネシュウムホイール・arcスタビライザー・dortオリジナルC/Pチューン・ACサスペンションキット(ビルシュタインBPSベース)・カーボンタワーバーF/R(レッドエナジー製)その他・・などなど 見えない所も色々なチューニングが施されている1台です。


〇藤です Re:名車ですね・・・\(^o^)/
早いもので、この車もこの秋で丸5年になろうとしています。
当初は、単身赴任先へちょくちょく行き、順調に距離も伸びました。
しかし、近年それもなくなり、今では、週に一度のエンジンの火入と、
2ヶ月に一度程度の遠出ぐらいとなっています。
   ・・・セカンドカーと言われて当然かも(Q_Q)↓

Dortさんと言えば『チューニング』と思われがち?
私にとってDortさんは、メンテの面においても力強い味方です。
5年以上も経つとメンテに手が掛かると思います。
今後も面倒をお掛けしますが、宜しくお願いします。(._.)オジギ

各務 治芳 Re:名車ですね・・・\(^o^)/
おおっ!これはM3 CSLじゃないですか~!
僕が次に狙っている車。。
中古でも800万ぐらいしますから、プレミアついてると言っても過言ではありませんね。
もし○藤さんが、この車を手放すような事がありましたらすぐに僕にご一報を♪
印鑑持ってすぐに駆けつけます(笑)

ところで・・塾の方はようやく生徒1人をゲットしました。。前途多難な道程ではありますが、ボスを見習い頑張ります!