BMW M3CSL(E46)とニューM3(E92)の2台で、どちらもルーフ(屋根)がカーボン製で出来てる車です。
M3CSLが限定発売された時に、自分がすごい衝撃を受けたのを、今でも鮮明に覚えています、確か?1973年にBMW3.0 CSL としてレースデビューして以来、30年以上の時を経て*CSL*の称号が復活した事にとても驚きました。
M3CSLは通常のM3(E46)に比べて吸気システム・エンジンマネージメント・サスペンション・スポイラー・インテリアなどが専用設計で尚且つ100kgほど軽量になっていますが、特にルーフをカーボンにして軽くしたって事はコーナリング時のロールGが軽減できてコーナリングでの効果は抜群ですね、ニューM3・M6にもカーボンルーフが採用されていて、同じような効果があって良いですよね。
今後、ニユーM3にも CSL が追加されるんじゃないかと??チラホラと噂が出ているようですが・・本当に発売になったら 一体どんな車になるのでしょうね・・・とても楽しみです (^^♪


あかつき Re:カーボンルーフ・・新・旧
E92 M3 いいですね~~ セダンも出るようだし・・・
でも、E46 M3 やっぱりいいですね~~
Mクーぺもいいなぁ・・・
各務 治芳 Re:カーボンルーフ・・新・旧
E46 M3CSLって僕が今一番欲しい車じゃないですか~!!
実車の運転席に座った事があるんですけど、すごいスパルタンでいかにもその気にさせられるような車だと感じました。
今すぐにでも欲しいのですが、先立つモノが・・(涙)