写真は1995年頃のBMW 3シリーズ(E36)です。
今回、入庫してきたのは『タイヤが干渉しないようにフェンダーの加工をして下さい』って事でお客様がタイヤホイールを持ち込まれたのですが、見てみるとホイールがフェンダーに干渉するほどひどい状態で(*_*)、おかしいなと思い よくよく見てみるとリアに10mmのスペーサーが付いてるじゃないですか(サビサビでローター部分と一体に見えてしまうような状態でした)、外そうとしても頑固なほど固着してしまっていて大変な状態でした、なおかつサイドブレーキのドラム部分から 回転させるとギィ~ギィ~と 嫌な音が出るじゃないですか、中でサイドブレーキのスプリングが外れていたのですが、これがまた、ローターがサビのせいでしっかり固着してしまっており外すのがとても大変でした。・・・ここまでひどいとハンマーでたたき外すしかないのでお客様には新品のローターを購入して頂く事になってしまいました。m(__)m

古い車って訳ではなく、普段のメンテナンスを事欠いてしまうとこのような状態が出ることがありますから皆さんも通常のメンテナンスは欠かさないようにしてくださいねm(__)m
今回の車に関しては、以前のオーナーさんの時からの問題だったようですが・・・
皆さんには自動車ディーラー・修理工場・ショップ等での定期的なメンテナンスをお薦めします。<m(__)m>